輸入住宅

輸入住宅内での音について知っておきたい事

木製の家

輸入住宅の特徴の一つに高い遮音性があります。その理由は、2×4工法による隙間なく壁パネルによって囲まれた構造が、内外からの音の出入りを防ぎ、また、断熱施工が施された空気層を持つ壁が音を伝わりにくくしているからです。音が外部に漏れないことによって室内でくつろぐ家族のプライバシーを守ることができますし、外から聞こえる車の音や雨風の音などを防いでくれるので、落ち着いた居住空間を作りだしてくれます。
しかし、輸入住宅は音が外に漏れないようになっているために、室内の音については若干反響しやすいという点もあります。そのため、2階の足音が1階に響いてしまうのを防ぐことができるように、2階の床に防音材を施工したり、吊り天井方式という1階の天井を2層にした方式を採用したりすることによって上階の音を階下に響きにくくする対策を講じることが必要になります。
また、輸入住宅の間取りでは、大きな吹き抜けや仕切りを設けない広々とした空間をとるケースも多いので、全ての空間が一体化している分、1階リビングの話し声が2階の廊下に聞こえてしまいやすくなる場合もあります。そのため、設計をする段階で、住宅内で発生する音は伝わりやすいという認識を持っておいた方が良いでしょう。